メッセアプリ過熱 各社の戦略
 

LINE

雨後の筍ってやつだな ニヤリ

ドゼウは何匹もおらんから開発費かけるだけ無駄に終わる危険性が高いってこと自覚しつつ参入するのは当然として生き残るのは2社程度なんだろうな。

でもさ、いくら何でもサイバーエージェントの参入っていうのは土俵が違いすぎるんと違うか ?

「LINE」の独り勝ちだったスマートフォン向け無料通話・メッセンジャーアプリ市場。ここにきて大手各社が一気に動き出した。10月下旬にディー・エヌ・エーが新規参入、12月にはサイバーエージェントも新アプリを投入する。ヤフーは韓国大手と組み、グリーも同様のアプリ提供会社に出資するなど参入を狙う
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO48452920V11C12A1000000/Link
まあ、もともとが何をしたい会社なのか分からんし、そもそものNAVERがメッセンジャーアプリと親和性が高かった訳でもないんだけどさ。

でも7000万ユーザをひっくり返すにはビックリするくらい差別化するか体力勝負で宣伝しまくるしかないだろうし ・・・

あれか ? 例のアメブロユーザー狙いの閉じたアプリにする作戦か ?

ランキングに参加しています。 宜しければクリックしてください。
人気ブログ ブログ村 FC2

posted by 管理人 at 11:24 pm —   commentComment [0]  pingTrackBack [0]

prev
2012.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30